2009年02月07日

笑えない話

我が家のトイレにはウォシュレットが付いているんですけどね。
それやっぱとてもいいですね。なんか清潔にできて。これに
慣れてしまうと自宅以外のトイレで要を足すとなんか物足りない
というか、きれいになっていないような変な感じです。
なので、要を足す時は緊急以外はなるべく自宅でします。
まっ、それはいいのですが先日ちょっとひどい目に合ってし
まいました。ウォシュレットの水の出る量を適正に調整してある
のですが、トイレ掃除をした時に、その水の出る量を調整する
ダイヤルをさわってしまったのでしょうね。全開になっていました。
要をした後に、いつものようにウォシュレットのスイッチをオン
にしたら、物凄い水圧でお尻に直撃、体が浮き上がるぐらいの
水圧で(少し大げさですけど)ビックリしたやらお尻は痛いわ、
もう大変でした。なのでこれからは使う時はダイヤルを確認する
ようになりました。でもあんな強い水圧まで調整できるのって
必要なのかなぁ?実際に使う人っているのか?不思議です?
posted by ミュージックボックス at 08:40| 日常日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。